平均的な収入について考察する

By admin.
Filed Under:知っておきたい薬剤師の待遇

薬剤師は国家資格が必要とされるという背景から、平均年収については国家資格を必要としない職種と比較すると平均年収レベルが高く、医療機関で働く職種間で平均年収を比べてみても看護師よりも高い傾向にあります。
統計上は薬剤師は医療機関内で医師の次となる2番目に平均年収が高い職種となります。
この傾向は全国的なもので、島根の薬剤師求人においても、求人の条件を他の職種と比較すると収入面ではかなり優遇されている事に気づかれるでしょう。
ご存知のように薬剤師の主な仕事内容は、医師の発行する処方箋のとおりに薬品を調剤し、患者様に調剤したお薬の正しい飲み方、保管方法、安全にお薬を服用するための注意事項等々を説明するのが主な仕事です。
厚生労働省の報告によると、全国の薬剤師の平均的な月収は38万円と報告されており、賞与も含めると各種手当て別で570万円以上の年収を受け取っていると推定できるでしょう。
時給換算すると2400円前後となり、更に諸手当が付属しますから待遇はかなり良いということが言えます。
この数字は全国の薬剤師の平均的な数値です。
薬剤師の資格を生かした仕事でも、勤務先により収入は左右されます。
ドラッグストアに就職するとで薬剤師の平均年収よりも低い収入になるのは避けられませんが、勤務時間の融通が利くという点では他の勤務先よりもはるかに有利な職場となるでしょう。
ですから、薬剤師の転職については収入面を重視するのか、休みを含めた待遇面を重視するのかで転職先選びは変わってきます。